糖尿病由来のEDと痩せる理由

DM(糖尿病)は多くの方が抱えている生活習慣病とも呼ばれており、日本でも珍しくない疾患として多くの機関で治療がされています。その中でもDM(糖尿病)に伴い様々な症状を合わせて発症してしまい、生活する上でも非常に支障をきたしてしまうということが多いです。特に心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こしてしまうというケースもあったり、重度になると組織の壊死など非常に危険性の高い疾患のため、予防と治療が非常に重要です。また最近ではDMが由来してEDになったり、返って痩せるという報告も存在します。その現認としてDMが持つ特徴が由来しています。まずEDについて、DMには三大合併症というものが存在し、その一つに糖尿病性神経障害と呼ばれるものが存在します。男性器は非常に神経の影響を受けやすく繊細な仕組みです。それがDの影響で神経障害を受けることで神経因性の勃起障害を引き起こしてしまいます。また他の要因としてDMになると動脈硬化症を併発してしまうこともあります。勃起のメカニズムとして、平常時以上に性器に血液が流入されることで引き起こされます。そのため動脈硬化症になり血液循環に障害が発生してしまうと血液流入量も減少してしまいます。これらが要因となってEDを引き起こしてしまいます。
次に痩せるメカニズムについてですが、DMになると体内が高血糖状態になります。その状態が続くと栄養を得ても細胞がそれを吸収することが出来なくなってしまいます。そのたけ栄養吸収することが出来ずに痩せてしまいます。またED由来でも痩せることがあり、勃起が出来なくはなりますが精力自体の衰えはさほど変化はありません。そのため精子は産生されても放出できずに男性ホルモンが増えます。それにより基礎代謝も増すため、結果的に痩せるに至ります。